0323官邸前大抗議行動 服部至道さん(会社員)のスピーチ全文

カテゴリー 0323官邸前大抗議

0323官邸前大抗議行動

服部至道さん(会社員)のスピーチ全文

新橋で働くサラリーマンです。仕事帰りにきました。
今日、私が言いたいのは国が、総理大臣がウソをつくなということです。責任をとれということです。

公文書改ざんというのは公の文書を書き換えるということ。国が公にウソをついているということだ。公務員がそんなことをやっていいわけがない。ましてや、国の大臣が、国の総理大臣がそんなことをやったらこの国壊れちゃうじゃないですか。社会のモラルも国も壊れちゃいましたよ。

もう、もはや誰も官僚のことを信じられなくなりました。
もはや誰も安倍晋三内閣総理大臣の言うことを信じられなくなりました。

国がウソをついている、総理大臣がウソをついているということが明らかになって、この国の未来の子供たちに何て教えたらいいんですか。教えてくださいよ安倍さん。

「人にウソをついちゃいけないよ」って教えられますか。
国がウソをついているんですから。総理大臣がウソをついているんですから。

「総理大臣や霞が関の人たちも社会のみんながウソをつくけど君はウソをついちゃダメだよ」って教えられますか。

「友達や自分の周りの人だけを優遇すれば公平じゃなくたって良いんだよ」って教えられますか。

「公文書は政府のためになるなら書き換えて良いんだよ」って教えられますか。

「もしかしたら戸籍も財産も政府のためになるから将来は書き換えられちゃうかもよ」って教えられるわけないじゃないですか。

そんなウソだらけの不安な社会に生きられませんよ。少なくとも民主主義国家じゃないですよ。あなたのせいで国が崩壊してるんです。モラルもへったくれもなくなってるんですよ。

安倍さん
国を壊さないでください。
社会を壊さないでください。
民主主義の日本を壊さないでください。

私たちは平穏で安心できる社会に暮らしたいだけなんですよ。
自分の身内だけを優遇するんじゃなくて、みんなを思いやれるような社会に暮らしたいだけなんですよ。

まじめな人が馬鹿をみるような世の中にしないでください。

上司の命令でやったのだから現場の官僚はかわいそうだとか、仕方なかったという同情的な意見がありますが、私はそう思いません。

公文書改ざんというのは明らかな犯罪です。いくら上司に言われたからといって、改ざんして良いわけがないというのは官僚自身が重々わかっているはずです。
例えば、上司の命令だからといって人を殺めたり(あやめたり)しません。明らかに犯罪だとわかっているからです。明らかに捕まるからです。絶対にやっちゃダメな行為だからです。

それが官僚の中の官僚、省庁の中の省庁、財務省がやったり終わりじゃないですか。この国終わっていますよ。誰を信じたら良いんでしょうか。

だから現場の官僚もその上司も財務省で関わった人間は全員処罰すべきです。同情の余地はありません。

ましてや人1人なくなっているじゃないですか。佐川さんだけじゃない。財務省もそれを指示した政治家も、関わった人間は全員ゆるされるわけないじゃないですか。

私があなたたちの上司ならこう言いますよ。

関わった人間全員首だ!

私たち国民はートカゲの尻尾きりでは絶対に許さない。
トカゲの胴体もトカゲの頭も全て洗いざらい切り落とすところまで声を上げ続けますよ。

責任はトップのあなただ安倍晋三。

あなたがやめるまで私たちは許しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です