0325新宿大街宣 未来のための公共馬場ゆきのスピーチ全文

カテゴリー 0325新宿大街宣

2018年3月25日(日) 緊急新宿大街宣@新宿ホコ天

未来のための公共 馬場ゆきの

お疲れ様です、馬場ゆきのです。

本日は、「内閣総辞職を求める緊急新宿大街宣」にお集まりいただき、本当にありがとうございました。

そして沿道の皆さん、お騒がせしてしまって、本当にすみませんでした。

少しだけ、改めて趣旨説明というか、「この街宣、何なの?」ということについて、本当に大事なことなので、もう一度、話させてください。

今回の街宣は、「未来のための公共」と、そして、「森友学園公文書改ざん問題」を契機に、この間の政治に「おかしい」と思った個人が集まり発足させた「ムーブメント」である、「Stand For Truth」との、共催の街宣です。

Stand For Truthは、私たちは、政府に対して、3つのことを求めています。

1つ目は、森友学園への国有地売却をめぐる公文書を全て開示することです。

2つ目は、公文書の改ざんが誰の指示で行われたのかを明らかにすること

最後に、真相を解明するために安倍昭恵氏と佐川前国税庁長官の証人喚問を行うことです。

そして、この3つが満たされない場合、私たちは、

内閣の最高責任者である安倍首相と、麻生財務大臣の辞任を求めます。

 

今日、自民党で、党大会があったんです。そこでは、憲法改正について語られていました。

ちょーっと待って欲しいんです。いま政府は、佐川さん1人に全部の責任押し付けようとしていますよね? それで何となく幕引きしようとしてますよね? 自分たちは何の責任も取らないまま。それで憲法改正って、どういうことですか?

ちょっと、舐めすぎてませんか? 私たちのこと。

改憲よりも、住みよい社会をつくってほしい。当たり前のことです。

「まともな政治をして欲しい」、本当の本当に、当たり前のことです。

でも、こんな当たり前のことさえできない政治って、どう考えてもおかしいですよね?


森友学園の公文書改ざんについて、しっかり責任を取ってほしい。情報を開示し、説明責任をしっかり果たしてほしい。そのうえで、取るべきケジメを、きちんと取ってほしい。

「森友に自分と妻が関係してるならやめる」って言いましたよね。関わってるじゃ無いですか。早くやめてください。

それでも、やめないなら、私たちの手で終わらせましょう。国会前へ行きましょう、官邸前へ行きましょう。こんなに怒ってる人がいるんだって見せつけてやりましょう。

今日の街宣は、そのためのアクションです。これからも続きます。毎週金曜日、19時半から、官邸前で抗議行動を行なっています。ぜひ来てください。初めての方も参加しやすいよう、サイレントエリアやスピーチエリアなども設けてます。

五分だけでも、仕事帰りでも、ぜひ足を運んでください。そして、まともな政治を、この国で、私たちから、つくっていきましょう。今日はみなさん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です